かわいいきりちゃん。
忍たまのきりちゃんメインのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揚巻さんー1-
「先生、行ってきます~」
今日も元気にバイトへと出かけていく。ちかごろ、バイトの時間が変わったらしくお昼を食べたら慌てて出かけていくのだ。前までは、うどん屋の繁盛する時間のお昼を回ってから帰ってきていたのに。
『バイト、変えたのかな?』
半助はあまり深く考えていなかった。きり丸はいろんなバイトを掛け持ちしているし、時給のいいところを選んでいるので割合、バイトの時間がまちまちなのだ。
それでも、なんだかご機嫌のきり丸を見ている限り、今回のバイトは時給がいいらしい。一体、どんな職種なのかは気になるところだが、いつも夕方には帰ってくるし、お酒の匂いもしない。だから、半助はうどん屋から蕎麦屋に変った程度だと思っていた。
 きり丸がこんな事を言い出すまでは。
「先生、男は女を裏切るけど、お金は女を裏切らないんだよ」
なんの脈絡もなく、突然言ってきた。
「なんだい?それ?」
半助は言葉の意味は理解できるが、きり丸が突然、そう言ったのが理解できなかった。きり丸はもどかしそうに
「女が男を捨てる時に言うんだよ!」
どうやら、意味は理解できていないらしい。しかし、こんな言葉はどこで聞いてきたのだろう。最近は夜のバイトは行っていない。だから、酒場で聞いてくる機会はないはず。それに、いくらなんでも人目のある酒場で男と女がそんな会話はしないだろう。芝居がかりすぎている。
『芝居・・・?』
半助はふと、ある男を思いついた。
「最近、利吉君に会ったか?」
「え?会わないよ。利吉さん、来たの?」
逆に聞いてくるくらいだから、会っていないのだろう。てっきり、利吉がきり丸を芝居に連れて行ったのだと思ったが、違うようだ。きり丸は前から、芝居に行きたいと熱望しているが、一度も連れて行ってやった事はない。町でやっている芝居はどれも大人向けでまだ10歳のきり丸が見るものではない。そんなものを見たら、また余計な知識を身につけるに決まっているのだから。
「ねぇ、利吉さん、来たの?」
「いや、来ないよ。最近、来ないなぁって思ってさ」
半助は誤魔化した。利吉を疑ったことがきり丸に悟られないように。こんな事が悟られれば、またうるさいだろうから。
「そうだね。すっかり、オマカギリだよねぇ。やっぱり、鎖のつけれない男はだめだねぇ」
「・・・・お見限りだろ?それにお前、どこでそんな言葉、教えてもらったんだ?」
きり丸の言うことはイチイチ芝居がかかっている。学校では上級生やくノ一から聞く事だってあるだろうが、家ではそんな機会は与えていないつもりなのに。
「あら?俺だって、いろんな世界があるのよ」
『なにが「あら?」だ』
半助は軽くめまいを覚えた。こんな芝居がかった事、一体どこで覚えてきたのか。言っている内容から察してやはり、芝居に行っている。が、ケチのきり丸の事。自分のお金で芝居に行くはずなんてない。絶対、ない。たいてい、こんな機会を与えるのは、きり丸のご機嫌ばかり取るあの男しかいない。山田利吉。しかし、きり丸は会っていないと言っている。
『じゃあ、一体、誰が・・・?』
どう考えても分からない。確かにきり丸はバイト先でもかわいがられていて、そんな機会に恵まれる事もあるかも知れない。きり丸をかわいがってくれていて、芝居に行きそうな人となれば、呉服屋の女将くらいだろう。しかし、大店の女将で思慮深く常識人の女将がこんな子供をそんな内容の芝居に連れて行くだろうか?
『バイト先・・・』
そう考えると、ひとつ思い当たった。近頃、変った時間帯。
『そうか、こいつ、芝居小屋でバイトを始めたな』
そう考えると分かりやすい。バイト時間はお昼の一時から夕方の五時。これは出かける時間と帰ってくる時間でわかる。芝居小屋のお昼の公演は主婦の暇タイムを狙っての二時から四時。前後の一時間ずつは公演の準備と後片付けなのだろう。バイト代がいいのはきっと、なにか販売していて出来高制なのだろう。天才アルバイターのきり丸のことだからきっと全て売り切っているに違いない。半助はこう考えるとすべてのつじつまが合うと思った。しかし、ここできり丸に『芝居小屋のバイトはやめなさい』と言っても『していない』と答えるに決まっている。
『まぁ、販売のバイト自体は悪くないんだけどね』
そう、販売のバイトは悪くない。合戦場で弁当の販売なら今すぐに止めさせないといけないが、芝居小屋なら危険はない。危険はないなら、それでいいかと言えばそうでもない。なぜなら、きり丸はすぐに芝居の台詞を覚えて来、私生活に使いたがるのだから。
『勉強は全然、覚えないのにね』






あとがきです
こんにちは~
今回はきりちゃんがアルバイトです。
きりちゃんのアルバイトって本当に多様多種な気がします。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tonarinoyutti.blog109.fc2.com/tb.php/422-61f623c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

となりのゆっち

Author:となりのゆっち
忍たまのきりちゃん好きなゆっちが細々としているブログです。
昭和生まれの専業主婦(子供なし)なのですが、こんな私でよければひとつよろしく。
「友達になってやるか」って心やさしい方募集中です。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。