かわいいきりちゃん。
忍たまのきりちゃんメインのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮の花 後
半助は職員室から戻るとき、一応、池の方に目をやったがやはり誰もいない。蓮の花だけが夜目にも美しく咲いているだけであった。
『やっぱりな』
きり丸はいないだろうと思っていた。あの子はきっと話し掛けない。亡くなった人と話ができるなんて思っていない。そんな事はもうきっと、試した後でいつだって返事が来ない事を嫌ってほどわかっているのだから。だから、そんな無駄なことはしない。きっと、別の目的に決まっている。
「先生!」
振り向くと風呂上りのきり丸。その後ろから、乱太郎、喜三太がよってくる。
「よく暖まったか?」
そう言いながら、長い髪を拭いてやる。いつもしっかり拭かないから雫が落ちているのだ。
「うん!先生、知ってる?蓮の花が咲いたんだ!」
「そっか、きり丸はもう見たのか?」

半助は気がつかないふりをしているが、やっぱり自分の予感は乱太郎より正しかったと判断した。乱太郎はというと、また心配顔になってきり丸と半助を交互に見ている。
「見たよ。でも蓮根はとっちゃダメなんだってさ!!」
「そりゃそうだ」

尖らした口を半助が指で押してやる。きり丸はなおも、不服そうに言い募った。
「さっきさ、夜だから誰もいないって思って見に行ったんだけど夜の池は暗くってさ」
「怖かったのか?」

半助のからかうような口調にムッとして言い換える。「怖かった」なんて、乱太郎や喜三太の前では言いたくない、ちょっと見栄だって張りたいお年頃のきり丸だった。
「怖くないけど、気味が悪かった」
「そう言うのは怖いって言うんだよ」

半助は笑ってやった。喜三太は隣で「夜はどこでも怖い」なんて忍者のたまごにはあるまじき事を言っている。それに、きり丸も心から賛同なのだが、やっぱり見栄をはって笑っておくことにした。
笑う三人のすぐそばで、怒りに肩を震わす者が約一名。いつもより、ずっと低い声が出てしまう。
「きりちゃん・・・まさか、お昼からずっと蓮根の事考えていたの?」
「え?おう!」

明らかに乱太郎が怒っていると分かるが、何故、怒っているかはきり丸には分からない。だって、自分は乱太郎が止めたとおりに蓮根はとらなかったのだから。この件については何も悪い事をしていないはずである。
「私の心配を返せ!!!!」
乱太郎はそう大声を出して部屋の方に足音も高らかに帰っていった。
「乱太郎、何、怒ってんだよ?」
キョトンとしているきり丸のおしりを軽く叩いて
「ほら!謝っといで」
なんて半助も言っている。きり丸は一体、何が怒られていて、何にたいして謝ればいいのか分からないが、いつも優しい乱太郎がこんなに怒るなんて、やっぱり謝ったほうがいいのだろうと思って、もう一度、半助のほうを見た。
「なんで怒ってんの?」
「乱太郎に聞いてごらん、喜三太、ついて行ってやって」

そう言って、もう一度、おしりを叩かれる。よく分からないが、よく分からないまま、全く分かっていない喜三太に手を引っ張られて乱太郎の後を追っていった。
そんな後姿を見送って、それから池に咲く蓮に向かって
『ご安心くださいね』
たった、それだけ。それだけで充分だと思った。




あとがきです。
きりちゃんはきりちゃんらしくお金に弱いです。
乱ちゃんは乱ちゃんらしく心配症です。
そんな二人なのです。
喜三太はのんきなのです・・・
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

きりちゃんはやっぱりきりちゃんですよね。
乱太郎は不運ですからきっとこの先もきりちゃんに振り回されているのでしょうね。
ちなみに私は周りから「性格が喜三太に似てる。」と言われたことがあります。
何故に・・・?


久々にネタです~

・利吉さんが単位を一個落としてしまったことを知ったきりちゃんに
あれこれと口封じを与える平成の利吉さん。
土井先生にばれたらいろいろと言われるのでそれを回避するべくって感じです。

・眠くて指しゃぶりをしていたのをうっかり利吉さんに見られてしまうきりちゃん。
【2009/05/25 15:59】 URL | セディール #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> きりちゃんはやっぱりきりちゃんですよね。
> 乱太郎は不運ですからきっとこの先もきりちゃんに振り回されているのでしょうね。
> ちなみに私は周りから「性格が喜三太に似てる。」と言われたことがあります。
> 何故に・・・?
>
>
> 久々にネタです~
>
> ・利吉さんが単位を一個落としてしまったことを知ったきりちゃんに
> あれこれと口封じを与える平成の利吉さん。
> 土井先生にばれたらいろいろと言われるのでそれを回避するべくって感じです。
>
> ・眠くて指しゃぶりをしていたのをうっかり利吉さんに見られてしまうきりちゃん。




いつもありがとうございます。
最近、すっかりとネタ切れなので、ありがたい限りです。
私がひとりで考えていると、いつも同じような話になってしまうのです・・・
そんなわけで最近は、兵庫水軍の方とか出てきます。
そんなわけで、これからもよろしくお願いします。
【2009/05/25 17:01】 URL | ゆっち #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tonarinoyutti.blog109.fc2.com/tb.php/402-bca9b7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

となりのゆっち

Author:となりのゆっち
忍たまのきりちゃん好きなゆっちが細々としているブログです。
昭和生まれの専業主婦(子供なし)なのですが、こんな私でよければひとつよろしく。
「友達になってやるか」って心やさしい方募集中です。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。