かわいいきりちゃん。
忍たまのきりちゃんメインのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮の花 前
「あっ、蓮の花が咲いている!」
乱太郎が池で発見した蓮は淡いピンクが美しいものだった。そんな美しいものなのに、きり丸の感想は違っていた。
「蓮って蓮根だから食べれるんだぜ!」
もう、さっそく掘り出しに行きそうなきり丸。すぐにきり丸を阻止すべく乱太郎は腕を掴んで
「きりちゃん、これは学園長先生が大事にしている蓮なんだよ!叱られるよ!」
「わかってるよ・・・」

せっかくの儲け話をのがした気分のきり丸。未練たっぷりな表情で池を見ていた。
「そんなに池を見ているとあの世に吸い込まれちゃうぞ」
声の主は四年生。二人とも顔見知った先輩だ。先輩の言っている意味はわからないけど。二人がキョトンとしているので説明してやった
「蓮の花はな、あの世にも咲いていて、蓮の咲く池はあの世とこの世が通じているって話さ」
それだけ言って、行ってしまった。乱太郎は不安そうにきり丸を見た。別にこの話を信じたわけではない。怖かったわけでもない。不安になった理由はきり丸だ。きり丸はこの手の話を信じやすいところがある。それは、やはり亡くなった両親に会いたいと心の底では思っているからだろう。普段は元気いっぱいのきり丸。それでも、まだ10歳なのだ。乱太郎が休みに両親に会うのが楽しみなように、きり丸だって本当は両親に会いたいだろう。
「きりちゃん、きっと嘘っぱちだよ、そんなの」
「うん・・・」

珍しくはっきりしない返事のきり丸を乱太郎は「ごはんだから」と引っ張っていく。別に今すぐにきり丸が池に飛び込んで行くとは思っていないが、なんだか嫌だったのだ。きり丸があの世に通じている蓮の池をじっと見ている姿を見るのは嫌だった。
「きりちゃん、今日はなんにする?」
「俺はねぇ」

食堂についたきり丸はもう普段どおりにみえた。乱太郎は胸をなでおろした。そして、自分も蓮の花の話なんて忘れる事にした。インパクトのある話ですぐには忘れれないだろうけど、二度と話題にはしないと決めた。してはいけないと自分の心にしっかりと鍵をかけたたのだ。
『きりちゃん、寂しいなんて思わないでね。私はいつまでも友達なんだから』
楽しそうに喜三太と話をしているきり丸の横顔にそう思った。
 夕食後、乱太郎は委員会の仕事で呼び出されていた。せっかく、お風呂に入ろうとしていたところなのに。
『保健委員ってやっぱり不運なのかな?』
そんな事を考えながら部屋に戻っていくと、部屋にはすでにお風呂を終えたしんべエがいた。
「あれ?きりちゃんは?」
「さぁ、団蔵たちの部屋じゃない?」

しんべエはお菓子を食べながらノンキに答える。しんべエはお昼の話を知らないからノンキなのもだ。もし、知ったら乱太郎より心配性だからきっとうるさいだろうなと思ってあえて言わなかった。
「私もお風呂に入ってこよう」
そう言って風呂場に向かう。風呂はに向かう途中、少し遠回りして池の方に寄ってみた。
『ああ、やっぱり・・・・』
そこにはきり丸がいた。真剣な横顔になんだか、声がかけづらかった。一体、なんて声をかければいいのか分からなかった。自分は貧しいながら両親がいる。そんな自分が、こんな時のきり丸にかけられる声なんて無い。
乱太郎は無力感を感じた。自分にできることは何も無い。いや、一つだけある。乱太郎はその唯一できることをするために職員室に向かった。この時間なら、まだ自室ではなく職員室にいるだろう。
「土井先生・・・」
乱太郎は半助に昼間の事から今、見てきた事まで全て話した。
「分かった、あとは先生に任せて、お前はお風呂に入ってきなさい」
半助は優しい笑顔で請け負ってくれた。これで一安心である。きっと、これから土井先生が池に出向いてきり丸と話をしてくれるだろう。きり丸も土井先生と話をすれば、元気になるだろう。
そう思って風呂場に向かったが、乱太郎の予想は意外な形で外れた。
「きりちゃん!?」
さっき、池にいたはずのきり丸が湯船につかっている。つかっていると言うより、泳いでいる。
「おう!乱太郎!!」
池で見たきり丸とは別人のような顔ではしゃいでいる。バタ足で喜三太にお湯をかけていた。もちろん、喜三太だってきり丸に桶をつかって応戦していた。
「こら!いい加減にしなさい!!」
乱太郎と同じ理由でお風呂が遅くなった保健委員長が怒っているが二人ともやめようとしないのだ。
「きりちゃん、お風呂まだだったの?」
「おう!今日は喜三太と遅く入るって約束してたんだ!」
「ね、遅いと人が少ないから楽しいもんね」

喜三太も笑顔である。二人は本当に楽しそうだが、保健委員長は困り顔であった。
『なんだったんだろ・・・さっきのきりちゃん・・・』





あとがきです。
蓮の花はもう少し暑くなってから咲きますね。
少し早い話題になってしまいました。

最近、話のネタがなくて苦しいですわ・・
そのせいでついつい続くにして引っ張ってしまいます。
すみません。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tonarinoyutti.blog109.fc2.com/tb.php/401-e2791b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

となりのゆっち

Author:となりのゆっち
忍たまのきりちゃん好きなゆっちが細々としているブログです。
昭和生まれの専業主婦(子供なし)なのですが、こんな私でよければひとつよろしく。
「友達になってやるか」って心やさしい方募集中です。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。