かわいいきりちゃん。
忍たまのきりちゃんメインのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今がいい
「今がいい」
きり丸はきっぱりとそう言った。半助は困った顔をして、もう一度繰り返す。
「ちょっと待っていなさい。すぐだから」
「や!今がいい」

きり丸は譲らない。確かに乱太郎より、きり丸が先に言いに来ていた。だが、物事にはやりやすいとか、都合がいいとかの事情で順番が変わることはよくある事なのだ。
「きり丸!めっ!」
そう言って、半助は机に向かい、筆をとる。そして、お使いにでる乱太郎の外出許可書を書く。きり丸は納得いかないらしく、半助の背中を押す。早く立てと言っているのだ。
「きり丸。いい加減にしなさい!」
少し、厳しく言って腕をつかみ、もう一度「めっ」と言い、また机の方に向き直る。ふくれっつらのきり丸は、今度はその場に寝転がり、半助の背中を両足で押す。
「後でちゃんと行くって言っているだろ?」
「後じゃない!今がいい!」

半助はため息をつきながら、乱太郎に外出許可を渡す。
「気をつけていくんだぞ」
「はい」

乱太郎はいい返事をし、職員室を出て行く。途中でなんどか、きり丸の事を止めようと思ったが、半助ときり丸の中になんとなく、口を挟み辛く黙っていた。
『きりちゃん、叱られないといいけど』
そう思いながらも、門を出て行った。
残された二人は、職員室でもめ始める。
「じゃあ、行こうか?」
「もういい!もう今じゃなくなったから!」

きり丸はすっかり、ヘソを曲げてしまったようだった。半助は苦笑いをしながらきり丸をなでる。
「別にボールを取るくらい、いつでもいいだろ?」
半助の手を払いのけ、一人で職員室を出て行く。
「先生のばーか!!」
「こらぁ!!」

『先生のばーか!!』くらいは普段から言われなれているが、ここは職員室である。他の教師の手前、少しは怒っておかないと。それでなくても『土井先生は甘い』などと言われているのだから。
「どうしました?」
もう一人のは組の担任、山田に聞かれる。
「いえね、きり丸がボールが木に引っかかったから取ってくれって言いに来たんですが、出ようとした時に乱太郎が外出届をもらいにきまして。で、さきに外出届を書いたら、ヘソをまげました」
「ははは、きり丸らしいですな」
「まったく、ワガママで困りす」

こんなワガママがきり丸らしいと思われているのも考え物だ。
「でも、子供はみんな自分が一番ですよ。特にきり丸にとっては土井先生は自分の親のようなもの。その土井先生が、自分よりよその子を優先させたように見えたんじゃないですか?」
山田の話に内心、かわいそうだったかなとも思ったが、あれくらいの事でそんなにヘソをまげなくてもとも思う。正直、半助にだって甘えがある。自分ときり丸の仲なのだから、少しくらい待ってくれてもよさそうなものではないか?
『でもなぁ、確かに山田先生のおっしゃるとおりだけど、なにもなぁ』
きり丸の事を考えながら、廊下にでる。ヘソを曲げたきり丸を探しに行かなければならない。
『あれくらいのことで・・・ あれ?本当にそれだけだったのか?やけに今、今って言ってたけど、何か急ぎの用もあったんじゃないか?』
半助は急に心配になる。仲のいい友達の乱太郎相手にきり丸がそんなにヘソを曲げるだろうか?確かに、多少はそんな事も含みであったかも知れないが、もっとなにか別の理由もあったんじゃないか?
 廊下の端にきり丸が足をフラフラさせて座っている。その横顔はなんだかつまんなさそうで。
「きり丸、となり座っていいか?」
「ダメ!」

きり丸の返事を無視して座る。それでも、きり丸は何も言わずに自分の足ばかり見ている。本当は半助が自分を探しに来てくれて嬉しいくせに。それでも、なんだか素直になれない。
「さっき、どうしてそんなに急いでたんだ?」
素直になれないきり丸に半助は優しい声で話しかける。
「急いでないもん」
口を尖らせて言う。自分の考えは外れていない。早急に半助に一緒に来て欲しかったのだ。
「じゃあ、なんで今だったんだ?」
「・・・俺が先だったじゃん」

口を尖らせて、うつむいて。それでも、それは本当の理由じゃなくて。本当の理由を隠している理由なのだ。半助はきり丸を撫でてやる。それから、きり丸の顔を覗き込んで、にっこり笑う。
「ふふ。嘘つき。本当はもっと別の理由だろ?」
半助が自分の心を見抜いてくるのに、きり丸は赤い顔をしてボソボソ話す。
「虹・・・虹が出てたから・・・先生にも見せたげようって思って・・・」
テレながらボソボソ言う、きり丸のかわいいこと。半助は嬉しくなってきり丸を抱きしめる。
「そっか。それで今じゃないとダメだったんだな」
コクンとうなづく。そのまま、膝に乗せてきり丸の頭巾に頬ずりをする。自分の腕の中にすっぽり入ってしまう小さなきり丸。
「もう、見えなくなちゃったな」
半助の残念そうな声に少し機嫌を治したようだった。
「うん。大きな虹だったんだ」
きり丸は本当に惜しそうにそう言った。
「じゃあ、きり丸がどんな虹だったか私に説明してくれ。それで私は見た気持ちになるよ」
「うん」

そう言ってきり丸は元気よく、虹の説明をする。大きかった、橋の形だった。赤が一番よく見えた。
それから、最後に
「すっげーきれいだったから、先生と見たかった!」






あとがきです。
虹ってみるといいことがあるような気がします。
ハワイではそういわれているそうですよ。
そして、車のナンバープレートにも虹が描かれています。
でも、中国では虹は不吉というそうです。
ところ変わればですね~
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

子供って大人が忙しいときに限って「今がいい!」って言いますよね。
大人がどうでもいいことでも言ってきますけど、
意外とその「どうでもいいこと」がすごく素晴らしいことだったりしますよね。
きりちゃんの虹のように。
私たち大人はどうもそういうことに疎くなってしまいますものね。
【2009/04/01 18:57】 URL | セディール #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> 子供って大人が忙しいときに限って「今がいい!」って言いますよね。
> 大人がどうでもいいことでも言ってきますけど、
> 意外とその「どうでもいいこと」がすごく素晴らしいことだったりしますよね。
> きりちゃんの虹のように。
> 私たち大人はどうもそういうことに疎くなってしまいますものね。


そうですよね~
子どもにとって「今」がすべてなんでしょうね。
それだけ、一生懸命に生きているんだろうなぁと思います。
体もどんどん大きくなって、できなかったことができるようになって。
そんな感じで成長していくんでしょうね~
【2009/04/02 12:22】 URL | ゆっち #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tonarinoyutti.blog109.fc2.com/tb.php/376-88e81b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

となりのゆっち

Author:となりのゆっち
忍たまのきりちゃん好きなゆっちが細々としているブログです。
昭和生まれの専業主婦(子供なし)なのですが、こんな私でよければひとつよろしく。
「友達になってやるか」って心やさしい方募集中です。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近のトラックバック



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



フリーエリア



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。